このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ
熱い情熱と行動力が走り出す。静岡県議会議員、落合慎悟。志太から、静岡から始まる21世紀の真の地域づくり。
共通メニュー このページの本文

政策

熱い情熱と行動力が走り出す。

 

 

 

   県政活動の基本方針

 


  1.    活動の見える化の実践
     

  2.    安心・安全な社会づくり
     

  3.    人材育成と地場産業の支援 

  "街づくり" 5つの具体的な取組み


 

1.子供からお年寄りまで安心な生活ができる医療介護福祉の街づくり
 

  • 特養老人ホームを増やし入所希望1万余人の解消。ケアハウスの補助制度改善で医療法人参入を促進。
  • 保育園・児童施設の充実で入所待機児童の解消。児童虐待の防止対策と藤枝市に児童相談所の設置。
  • 障害者作業所の受注安定と障害者作業用の専門製品を研究開発。障害者雇用拡大と障害者家庭支援。
  • うつ病、生活苦、家族の不和などによる自殺防止と予防対策の強化。心の健康づくり相談体制を拡充。
  • 待遇改善で優秀医師の確保と病院の診療科休診の解消。静岡県医師数全国44位を医療先進県に改善。
  • 福祉関係職員給与を一般企業水準にし、人材不足の改善。藤枝総合病院を収益増の地域支援病院に指定。
  • 少子高齢化福祉社会に対応した地域公共デマンドバスや商店企業協賛で低料金の周遊便利バス研究。
  •  
     

     

2.農業・工業・商業連携の地産地消で地場産業に活力を創る
 

  • 富士山静岡空港の就航各地の産業・観光・文化交流を強化し、外国人誘客・ビジネス・貨物需要を拡大。
  • 省エネ・新技術の研究開発技術者を育成支援。積極的に製造工場を誘致、地域産業の育成や雇用を守る。
  • 商店街の駐車禁止規制緩和を拡大。商店街に市場や年間恒例イベント開催で賑わう儲かる商店街に復活。
  • 不足の福祉施設や耐震・省エネ化施設の建築政策で雇用や経済波及効果の高い建築産業の需要を拡大する。
  • 農作物の栽培指導と検疫支援で輸出拡大。耕作放棄地1万2千haの活用協議で就農支援と後継者育成。
  • 中山間地の鳥獣被害対策、竹林対策やB級グルメ商品開発。農産品のブランド化戦略で地産地消を応援。
  • 薦掛玉露・碾茶・被覆茶の藤枝高級茶ブランドを確立。茶栽培・生産効率改善研究と茶新商品研究開発支援。
  •   
     

     

3.教育・文化・スポーツの振興と魅力あふれる未来の人づくり


  • 子供たちの遊び場・道くさできる街づくりの研究。小学校サポート老人ボランティア制度創設で先生を支援。
  • 学力・体力をトップの秋田県・福井県並に家庭学習の改善。競争順位制度導入研究で教育委員会の意識改革。
  • LD・ADHD対策、小一プロブレムや校内暴力防止対策。増え続ける教員のうつ病など「心の病」支援制度実施。
  • 小中高学生に経営マネジメントを勉強させ、農業や経営体験型キャリア教育を実践し将来の起業家を育成。
  • 県立大学に昼間主コース夜間主コース創設。社会人入学制度拡大で高卒入試競争の改善と生涯学習を推進。
  • 音楽・芸術などを堪能できる文化活動普及と施設整備。スポーツ・文化の活動サークルの創設拡大や支援。
  • サッカー・野球など各種スポーツ振興と施設整備支援。誰でも参加できる市民スポーツの普及で健康維持。 
     
     

     

4.安全な広域地域づくり


  • 富士山静岡空港を中心とした志太榛原・中東遠地域の陸海空交通アクセス充実で観光・産業の振興。
  • 未施工の志太中央幹線・小川島田幹線を県市の施工協議で早期着工。新東名・東名新IC早期完成整備促進。
  • ゲリラ豪雨対策で洪水被害想定地域の瀬戸川水系・栃山川水系など河川改修促進。河川橋梁の地震対策。
  • 県地域防災計画の再構築。企業の災害時事業継続計画(災害BCP)策定推進と住宅内外の耐震化促進。
  • 地域消防団員拡充のため消防団員所属企業の支援策を創設。消防救急広域化に対応した消防組織支援。
  • 交番に警察官の常駐化と犯罪の事前防止。SP安心メールの普及。交通事故防止と救急救命支援 政策。 
     
     

     

5.行政改革・議会改革


  • 「志太は一つ」志太地域の合併を促進。地域の伝統文化を大事に住民福祉向上と無駄を省いた政策の研究。
  • 肥大化県行政を改革。(例 関連する建築・建設・営繕設備が別々の部に存在する)行政の無駄を追求改善。
  • 人件費や経費を単位あたりコスト表示した県行政評価表を提案。事業仕分けに企業経営者と議員の参加。
  • 『静岡県議会基本条例』を草案研究し、開かれた議会として議員同士や知事、県民と自由な討論の場に変える。
  • 議会を審査機関と条例創設機関として県民のための条例(迷惑防止条例など)を提出。議会運営の研究。
  • 議会広報誌発行を議会毎実施。市民勉強会の開催。ホームページに政策や活動予定・報告を随時掲載する。

     

ページの先頭へ